美容と健康と生活に役立つモノ

ライフスタイル全般、体によいモノをなんでもシェアしています。

眼精疲労にはブルーベリー、白内障などの眼病にはルテインですよ!

疲れ目などで悩んでいる人にとってはブルーベリーが良いとされていますが、白内障緑内障、黄斑変性症などに対してはルテインが良いとされています。

 

朝のルテイン&プラセンタ

特にアメリカやヨーロッパではルテインを推奨しています。

 

因みにブルーベリーが良いと言っているのは日本くらいのものらしいです。

 

では、どうして白内障などにはルテインが重要で必要なのでしょうか?

 

 

眼の構造とルテインの関係

f:id:primarytsuyoshi:20170301184548j:plain

水晶体:
外から入ってくる光を屈折させ、網膜に像を写すカメラでいうレンズの役割です。
焦点を自動的に合わせるオートフォーカスの働きもします。
加齢とともに、水晶体が白く濁ると白内障になります。
また、水晶体が硬化すると、老眼になります。
水晶体にはルテインが多く存在しており、加齢の原因とされている活性酸素の害を強力に抑え、水晶体を守っています。
網膜:
眼球の最も内側にあり、カメラでいうフィルムの役割をしています。
視神経につながっていて、ここに映った像が脳の視覚中枢に送られます。
明るさや色などを見分けるための感覚細胞などが、1億個以上も集まっているのです。
黄斑部:
網膜の中心にある部分で、光が焦点を結びます。
視力や色覚に関係する細胞が特にたくさん集まっている重要な部分です。
黄斑部には2種類のカルテノイドが存在し、その一つがルテインです。
紫外線や素色光を吸収するルテインの力によって、網膜を有害な光から守っています。

 

 

白内障の主な原因は活性酸素の害、つまり水晶体が酸化してしまうことです。

酸化されると変性して白く濁ってしまいます。

これを予防するには抗酸化成分の多い食べ物を摂る必要があります。

緑黄色野菜には抗酸化力の高いカルテノイドが約40種類も含まれていると言われています。

ただ、同じカルテノイドの中でも、白内障に効果があるのはルテインだけだとアメリカの調査で言われているうようです。

 

しかし、もともと水晶体に含まれているルテインですが、体内で生合成することができません。

なので、食品から補う必要があるのです。

サプリメントよりも食品から補うと吸収されやすく、酸化を食い止めることができると考えられています。

 

ルテインは、1日に6mg以上摂ると良いと言われています。

人参では13本、パセリは12本、ほうれん草ならば4株以上になります。

なかなか野菜では十分なルテインを摂ることが難しいことがわかります。

 

 

このようにルテインは眼にとって、他には変えられない成分だということがおわかりいただけたと思います。

しかし、加齢とともに減少し、眼病発症の引き金となっています。

 

近年の研究では、ルテインの摂取によって眼だけでなく、肌の水分量、脂質量、弾力性が増加することが証明されました。

また、日焼け止めでは防げない青色光の肌へのダメージも防ぎます。

 

 

ルテインの摂取量で違いを実感

さて、ルテインは体内で作り出すことができないため、食事やサプリメントから補うしか方法がないのですが、多くのサプリメントルテインの配合量が6〜10mgです。

これは1994年にハーバード大学の疫学者ジョアンナ・セドン女史の研究で、1日の目安は6mgとの報告を基準にしているためだそうです。

 

しかし、これはあくまでも健康維持目的であって、白内障の改善を目的とすると、20〜40mgが望ましいとされています。

アメリカ眼科視覚学会において、アメリカ国立衛生研究所と国立眼科研究所の共同研究で、「1日20〜40mg摂取しても有害作用(副作用)は認められない」との研究結果が報告されました。

この結果から安全で、なおかつ実感できる摂取量は20〜40mgだと考えられます。

 

そこで、私なりに調べてたルテイン高配合のサプリメントは、
朝のルテイン&プラセンタ」というゼリータイプの加工食品でした。

 

このサプリメントには一般的な配合量の4〜6倍の40mgのルテインが配合されています。

 

配合量は国内トップクラスです。

 

眼について本当に悩んでいる方、他のサプリメントでは実感できなかった方には、ルテイン40mgを摂ることをおすすめします。

 

 

 

私の体験では、3ヶ月続けてみて眼の視界が明らかに良くなりました。
曇りが取れたんです。

通常サプリメントは錠剤で摂るのがほとんどですが、朝のルテイン&プラセンタはマンゴー味のゼリー状なので、美味しく食べれたのも続けてこれた理由かも知れません。

 

f:id:primarytsuyoshi:20170301194643j:plain

 

f:id:primarytsuyoshi:20170301195257j:plain

プルンとしているんですよ。

 

プラセンタも6000mg入っているのが嬉しいです。

 

プラセンタはもともと肝臓病の薬って知っていました?

 

東洋医学では、肝と眼はつながっていると言われています。

お酒を飲みすぎると肝臓に負担をかけてしまい、黄疸が出ることがあります。

それだけ肝臓と眼は密接なんですね。

この製品は、肝臓を良くしてあげることで、身体の中から眼を良くしていこうという考えもあるみたいです。

 

あと、プラセンタは美容成分としても良いと言われています。

眼よりもまずお肌が綺麗になったという口コミもあります。

 

 

女優の大桃美代子さんが、この製品の宣伝として登場されていますが、彼女は白内障の手術をすでに受けているそうです。

しかし、緑内障も患っているので、眼病を進ませないために、1日2本摂っているとのこと。

 

ですので、すでに手術をされた方でも、これ以上眼病を進ませないためにも、予防として摂るのは大事ですね。

 

↓ 公式ホームページにリンクしています ↓ クリック 
朝のルテイン&プラセンタ